被相続人に借金がある場合

2020年10月1日

令和2年度も半分を過ぎました。新型コロナの影響で「勉強会」などの開催ができませんが、相続案件や終活相談にはさほど影響はありませんでした。今年も残り3ヶ月となりましたが、年内中にはNPO法人りりーふねっと主催の勉強会を開催したいと考えています。

 

さて、相続とは、積極財産(プラスの財産)及び消極財産(マイナスの財産)のすべてを受け継ぐことです。積極財産だけを相続することはできません。

例えば、遺産分割協議にて「金融資産は長男が相続をして、アパートローン付きの不動産は妻が相続し、アパートローン返済も妻がおこなう」と合意をしたとしても、債権者である銀行などがその協議内容を承諾していない限り、長男も法定相続分の借金を相続します。

被相続人が実際に借入をしていれば財布の中身、返済明細、通帳、不動産登記事項証明書などを見ることにより、借入先も判明します。しかし、保証人になっている場合は、このような書面が無いことが多く、見つけるのに苦労します。保証契約は書面で行わなければその効力を生じない(民446②)ので、この書面を見つけることが重要です。結果的に、借金ばかりが残っており、一切の承継をしたくない場合は、家庭裁判所にて相続放棄をします。

なお、借金があるのかどうか不明な人が亡くなった場合は、相続放棄をすることを前提にした対処が必要です。借金の月々返済、未納税金及び未払公共料金などの支払い、預金の引出しや家財などの処分をすると、相続(単純承認)をしたとみなされる可能性があり、相続放棄ができない場合がありますので注意しましょう。

 

民法(相続法)改正セミナー

2019年10月15日

ブログを書き続けるのは大変です。

どうしても優先順位が下がります。

毎日更新しているブロガーには、本当に感心します。

さて、先日開催された終活セミナーには、約80名が参加されました。

テーマは、「相続法の改正」です。

改正法が施行された今年の1月から同じテーマのセミナーを何回か担当しましたが、旬なテーマだけあって参加者数は多いですね。

改正法の中で特に質問が多かったのは、相続人以外の人が遺産をもらえる条項である

「特別の寄与(民1050条)」です。

今回は、新設されたこの内容について簡単に書こうと思います。

1.請求できる人(特別寄与者といいます)⇒相続人以外の親族

2.請求される人⇒相続人一人又は数人

3.請求期間⇒相続の開始及び相続人を知った時から6か月以内。又は相続開始の時から1年以内

4.請求金額(特別寄与料といいます)⇒寄与の時期、方法及び程度、遺産の額その他一切の事情を考慮して決めます

今までは、亡き長男の嫁が同居中である義父の面倒を見ており、義父の死亡により相続が発生した際、嫁は一切の遺産をもらうことができませんでした。

しかし、これでは不公平であり、一定の金額を分け与えるのであれば被相続人の意思にも反しないであろうと推定して、この条文が新設されました。

注意点としては、特別寄与料をもらいたい人は「請求権の行使」をして、「相続人との協議」がまとまらなければ金銭をもらえないということです。

相続人との協議・・・。

ここでつまずく人が多いのではないでしょうか。

特別寄与料の額しかり。

そもそも、嫁の貢献を「特別の寄与」と認めてくれないかもしれません。

協議がまとまらなければ、特別寄与者が家庭裁判所へ調停申し立てをして話し合うことになります。

そこまでしたくないから諦める人も多いでしょうね。

特別寄与料をもらうには、面倒だがいくつかのハードルをクリアしなければなりません。

 

 

終活勉強会を開催しました!

2019年6月10日

6月8日(土)に開催した「終活勉強会」の様子です。

※東愛知新聞さんが取材に来てくれ、6月13日の新聞に掲載されました。

今回は10名の方が参加されました。

延命治療に関する基本的な情報発信や現実に起こっている事象を説明しながら、尊厳死に関する宣言書の作成方法をお伝えし、葬儀の生前契約の注意点、そして最後に相続法の改正点までを約1時間でお話しました。

「こういった内容を知りたいシニア層は多いはず。今回のような勉強会をもっと告知してちょうだい」

参加者からこのような声を頂戴したのですが、広告費用がかかるので限度があります。

我々も告知方法には毎回悩むんです・・・。

NPO法人としての活動が増えれば会費や援助も増えるので、時間の許す限りやり続けたいと思います。

 

 

 

終活セミナー開催(2)

2019年6月4日

終活セミナーの告知です。

※狭い会議室なので満席の場合はお断りすることもあります。(6月3日現在 空き2席です)

日時:6月8日(土)10時30~※約1時間の勉強会です

場所:豊橋総合福祉センターあいトピア

参加費:無料

テーマ:延命治療、葬送生前契約、遺言書の活用について

申込先:0120-708-882(ホワット相続センター)

主催:NPO法人りりーふねっと

後援:東愛知新聞

 

終活セミナーの開催

2019年5月28日

終活セミナーの告知です。

日時:6月8日(土)10時30~※約1時間の勉強会です

場所:豊橋総合福祉センターあいトピア

参加費:無料

テーマ:延命治療、葬送生前契約、遺言書の活用について

申込先:0120-708-882(ホワット相続センター)

主催:NPO法人りりーふねっと

後援:東愛知新聞

※狭い会議室なので満席の場合はお断りすることもあります。(5月27日現在 空き5席です)

1 / 1112345...10...最後 »