金融機関顧問弁護士の珍回答

2017年9月19日

先週の土曜日は、豊橋市内にある葬儀社(中央葬祭さん)で「終活セミナー」をしました。

台風直前で雨風大丈夫か心配でしたが、意外と天候も悪化せず無事に開催でき一安心。

参加いただいた会員様、スタッフの皆様、有難うございました!

同時開催していた「人形供養祭」会場を覗いたのですが、結構な数のお人形が持ち込まれていてビックリ。

日本人形のような「衣装人形」だけではなく、「ぬいぐるみ」も多かったのも驚きでした。

様々な「想いが宿っている」ことを考えれば、人形もぬいぐるみも変わらないということですね。

 

さて、相続に関係する書類の一つとして、死亡日から過去5年分の取引履歴が分かる書面を請求することがあります。

請求理由として「相続税申告書類として添付する為」以外に、生前の贈与、保険などの契約、債務の有無、年金以外の収入などを確認するためにも必要です。

今件は、遺言執行者(法定相続人ではない。しかし包括受遺者(遺言関係Q&A Q7参照)もある人)に使命された人から、各書類の取得を依頼されたので金融機関を回り取引履歴の請求をしました。

遺言執行者(遺言関係Q&A Q9参照)には様々な義務が存在するのですが、その中の一つに相続財産管理の「善管注意義務」がありますが、相続財産を調べたり、相続財産価値を減少させないよう預金口座の履歴を参考に調査することがあります。

そういった理由から、代理人として各金融機関に請求したのですが、東三河に本店がある某信用金庫だけは出してくれませんでした。

他の信用金庫は出してくれたのに・・・。

なぜ出してくれないのか理由を聞いたら、某信用金庫内の人だけでは判断できないので顧問弁護士に聞いてから理由をお伝えしますとの返答あり。

5時間後、返答がきました。

その理由は・・・

「残高証明書は出してもよいが、履歴は『法定相続人』以外には出してはダメ」

?????

この回答に愕然としました。

遺言執行者が財産調査をしなければならないような内容の遺言書なのに、財産管理義務があるのは民法の条文にも判例にも載っているのに。

後で遺言執行者が追求されるようなことがあれば責任を取ってくれるのかな?

無理だろうな。

(念のため、弁護士名、某信用金庫担当者、返答時間、返答内容はメモしてあります)
 

 

税務署後のラーメンランチ

2017年9月8日

今日も朝から静岡銀行と豊橋信用金庫に行き、預金調査をしてきました。

朝一番に行けば空いているので、1時間もかからずに終了。

その後、豊橋税務署へ向かい財産調査の関係で確定申告書の写しを請求。

あっという間にお昼になったので、そのまま昼食を取ることにしました。

寄ったお店は「カドワラ」というラーメンカフェです。

住所:豊橋市札木町39

できた当初から気になっていたお店で、今日はじめて入りました。

そして注文したラーメンが「なんこつ麺(大根入り)」

塩スープで、とろとろのなんこつと大根がたまらなくおいしい。しかも全然脂っこくない。

塩スープでくくれば、豊橋で一番うまいです!

ラーメン好きの方は一度食べて下さい。

ちなみに、ここのオーナーシェフは私の同級生です。

この事実を知ったのは今日。

しかも、カウンターで食べている最中にシェフと目が合って気付きました。

同級生だから宣伝しているのではありません。(念のため)

本当におすすめです。

(一人客はサラリーマン、団体客は女性ばかりでした。この来客層をみれば人気店なのがわかりますね)

 

 

2日間の金融機関まわり

2017年9月6日

初秋ですね。

朝晩はずいぶんと過ごしやすくなりました。

習慣のランニングやサーッカーの練習が楽になる季節でもあります。

 

さて、昨日今日で金融機関を10行回ってきました。

2日間での新記録です!

予想より混んでなく、行員の皆様も早い対応をしてくれたおかげでスムーズに進みました。

1行を除いては・・・

私が代理人として持っていく書類は

被相続人の戸籍謄本・戸籍の附票、

依頼者(相続人)の戸籍謄本・印鑑登録証明書、

委任状、

瀧原の本人確認資料、印鑑証明書、実印

です。

上記の書類があれば基本的に情報開示や証明書の請求ができます。

しかし、ごく稀に上記資料以外のものを求めてきたり、委任事項の捉え方が違う金融機関があるのです。

行員「お持ちいただいた書類だけではお出しできません」

私「いや、できるはずです。明確に授権代理を証明する資料が揃っているではないですか」

行員「相続人本人より、署名捺印いただかなければなりません」

私「では、御行は委任手続を一切受け付けないということですか?ここに来れな依頼者にはどのように対応するのですか?病院や他県の住所地まですぐに行ってくれるのですか?」

行員「そういった場合は郵送でのやり取りで・・・」

こんな押し問答をしながら、証明書を取得するケースもあるのです。

今回の1行も似たような感じでしたが、最終的に誠意ある対応をしてくれたので感謝しています。

 

本日の業務

2017年8月23日

昨日行った天竜区役所の写真。

素敵な建物だったので思わず撮ってしまいました。

 

さて、本日の午前業務は、イズモホール豊橋貴賓館主催の「相続セミナー」の講師です。

相変わらず、イズモ葬祭さんのイベント集客は上手ですね。

約40名の参加です。

こういったセミナーは一般的なお話しかできませんが、今回は少し具体的事例をまじえてお話させてもらいました。

・相続人が多かったケースの問題点

・相続税申告が必要なケース

・空き家の相続  など

皆さんの知識として少しでもお役に立てば幸いです。

 

そして、午後からは遺産調査として三井住友信託銀行豊橋支店へ行き、そのまま別件のお客宅様へ相談のため直行。

先ほど事務所へ戻って来たのですが、18時までに遺産分割協議書の作成・不動産売買契約書の作成・離婚協議書の雛形作成・貸金求償権行使の内容証明書下書き を済ませなければなりません。

あと2時間・・・、間に合うのか?

ブログを書いている場合じゃないのに。

 

 

 

お盆に話したい「終活話」

2017年8月18日

連休明けから、

相続・遺言相談、戸籍の取得、不動産の調査、金融機関の調査・・・、

バタバタしております。

暑い中でも体力には自信があるので、集中かつ迅速にこなしていくぞー。

 

さて、皆さんお盆は帰省しましたか?

お盆は、親と酒を飲みながら「終活」に関する話をするのに好都合です。

「お父さんが死んだら誰に連絡するの?」

「お骨はどうしたらいいの?」

「誰にこの家をつがせるの?」

など、お盆だからこそ話しやすいのではないでしょうか。

その中で、最も聞いておくべき事柄の一つとして「お寺さん」があります。

菩提寺はあるのか、どんな付き合い方をしたら良いのかなど聞いておきましょう。

それと、葬儀・法要でお支払する「お布施」についても聞いておきたいですね。

宗派によって「法名」や「戒名」の金額が違うし、同じ宗派でももらう「名」によっても金額が違います。

お布施金額を住職さんに聞くのは失礼ではないか不安ですよね。

それと、日本には慣習として「お墓」に入る人が多いです。

「お墓」に入る為には、自治体の霊園かお寺に申し込みます。

お寺へ納骨を希望する場合には、葬儀にてお経を読んでいただき戒名等を付けていなければ預かってくれないお寺も多いそうですよ。

ちなみに、私の父は「お墓はつくらない。わしのお骨は三河湾に散骨してくれ」と言ってます。

しかし、母親は「お墓に入りたいと」言っており、瀧原家では意見が割れている。

恥ずかしながら、終活の仕事をする息子を持った親でもこの有り様です。