某弁護士の怠慢

2017年7月8日

昨日は旅館業の簡易宿所(民泊)の打合せのため、豊川市保健所に言ってきました。

 

民泊という言葉を聞いたことがありますか?

 

メディアでもよく流れていますよね。

 

民泊とは自宅や利用していない空家(部屋)を宿泊所として利用してもらうことです。

 

他人に対し継続的に有料宿泊をさせるには、旅館業法に則り知事の許可が必要となります。

 

許可をもらうためには、管轄する保健所の許可、管轄消防署の検査、建築基準適合しているか、近隣の公共施設・近所の承諾など、多くのハードルをクリアーしなければなりません。

 

その第一歩目として、保健所の許可要件(設備など)を確認しに行きました。

 

民泊についての詳しい内容は、また書きたいと思います。
 

午後からは、チラシを見てお問合せくださった方の相続相談を受けました。

 

内容を聞くと、4月に弁護士へ相続手続き一切(揉め事無し)を依頼したが、今日現在でも戸籍すら揃っていないので困っているとのこと。

 

被相続人には子供がおらず相続人全員が甥及び姪なので、通常よりも戸籍を揃えるのに時間がかかるのは事実です。

 

しかし、3ヶ月もかかるのはおかしい。

 

相談者は担当弁護士に催促したそうです。

 

催促された弁護士は、あろうことか下記の回答をしたのです。

 

「あなたが急がせるから戸籍が揃わないんだ」

 

「だいたい私は相続手続きはあまりやったことが無いんだ」

 

「もう少し待っていなさい」

 

怒り口調でこんな事を言われたらどうしますか?

 

当然、解任でしょう。

 

怠慢にもほどがある!

 

※この弁護士の不評は、私の耳にも入っていました。

 

相談者は被相続人の遺品にあった年賀ハガキに当該事務所があったため連絡したとのことでした。

 

相続相談をどこにすれば良いのか分からなかったそうです。

 

それにしても「相続手続きはあまりやったことがないんだ」なんて・・・、受任するなよって思います。

 

揉めていなければ、ホワット相続センターですべて完了できます。

 

お気軽にお問合せください。

 

 

 

大府市でエンディングノートセミナー

2017年7月3日

昨日は、大府市図書館主催の「エンディングノートセミナー」の講師をしてきました。

 

30名様限定のセミナーでしたが広報後すぐに予約でいっぱいになったそうです。

 

予約締切り後の問合せも多かったので、年内にもう一度開催したいとご依頼をいただきました。

 

やはり「終活」に関する勉強会は人気がありますね。

 

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

さて、エンディングノートの話をすると、必ず出てくる質問があります。

 

それは「遺言書」についてです。

 

エンディングノートには法的効力はありません。

 

あくまでも「意思・希望を書いたノート」として見てもらうのみです。

 

遺産の分けを希望通り行うには、遺言書を残すしかないので「書き方」、「記載内容」、「遺留分」などについて良く聞かれます。

 

「相続・遺言書セミナー」を開催しても今回のセミナー程、多くのお客様は参加しません。

 

遺言書とか遺産分割等のテーマと違いこのようなセミナーはとっつきやすのでしょうね。

 

自分の「死」と対峙して書くものなので、元気な「今」書いたものが気持ちを込めたベストなノート作成になっているのかは分かりません。

 

でも、身体機能や判断能力が落ちてからでは、大変難しいです。

 

書ける時に書いておくものだと思いますので、気軽な気持ちでペンをとれば良いと思います。

 

おかげさまで、隣の自治体図書館も紹介いただけることとなりました。

 

この輪が広がっていくといいな~。

 

ー終活勉強会のご案内ー

1回目)日時:6月24日(土)10時30~(約1時間)

    場所:豊橋総合福祉センター あいトピア2F会議室

2回目)日時:7月8日(土)10時30~(約1時間)

    場所:ミナクル南稜地区市民館 第2会議室

ー無料相談会のご案内ー

日時:6月23日(金)終了7月1日(土)終了・7日(金)・15日(土)終了 の9時~12時

場所:ホワット相続センター(ご予約優先です)

勉強会・相談会の申込⇒0120-708-882 又は i@whatsouzoku.com

住宅ローンの契約立会い

2017年7月1日

今日は相続業務ではなく、貸金業務取扱主任者として住宅資金業務を行いました。

 

1ヶ月に2~3件ですが、住宅金融支援機構の住宅ローンフラット35の取次ぎとして、金銭消費貸借契約にも立ち会っています。

 

先ほど契約も無事に終わりましたので、その流れにのり今日のブログは住宅ローンについて書こうと思います。

 

先月、ちょっと理解できない融資可否の回答が金融機関から出てきました。

 

お勤め先や年収はまったく問題なく、借金もない事故歴もない、頭金も1000万円以上お持ちの方がフラット35(住宅金融支援機構商品)を申し込んだら、なんと「否決回答」がでたのです。

 

今まで多くの方の住宅ローンのお手伝いをしてきた私が初めて経験した否決案件でした。

 

フラット35とは、国の予算から住宅ローンとして貸し出す、いわば公的な金融商品です。

 

数年前までは住宅金融公庫として公庫の窓口で販売していたのですが、現在は「住宅金融支援機構」という独立行政法人にて販売しており、ネットバンク、都銀、地銀、信用金庫、JAなどほとんどの金融機関窓口で申込ができます。

 

正直言って民間金融機関で住宅ローンを断られても、公的商品であるフラット35では融資された人もいるくらい審査基準が緩い!?住宅ローンです。(個人的な感想です)

 

それが人的属性にまったく問題のないお客様が否決されてしまったのです。

 

いろいろ憶測も含め考えました。

 

どこかの危ない組織の人なのか?

 

ご家族にそのような人がいるのか?

 

執行猶予中なのか?などなど・・・。

 

もちろんこんな質問をお客様には聞けませんから謎のままです。

 

こんなことを考えていても先に進みませんから、民間金融機関(信用金庫)に審査をしてもらったら10日も待たずに「正式承認」が出ました。

 

理解不能な結果には必ずその「理由」がありますが、どこの金融機関もその「理由」は絶対に話してくれません。

 

なぜ融資が通らないのか・・・

 

逆にどうしたら融資を受けられるのか・・・

 

理由が判明すれば対策のしようもあるが、どれだけ考えても見つからない場合もあるんですよね。

 

ー終活勉強会のご案内ー

1回目)日時:6月24日(土)10時30~(約1時間)

    場所:豊橋総合福祉センター あいトピア2F会議室

2回目)日時:7月8日(土)10時30~(約1時間)

    場所:ミナクル南稜地区市民館 第2会議室

ー無料相談会のご案内ー

日時:6月23日(金)終了7月1日(土)終了・7日(金)・15日(土)終了 の9時~12時

場所:ホワット相続センター(ご予約優先です)

勉強会・相談会の申込⇒0120-708-882 又は i@whatsouzoku.com

公正証書遺言の証人とは

2017年6月29日

昨日の午前中は、豊橋公証役場にて公正証書遺言の証人をしてきました。

 

今月5件目の公正証書遺言の証人です。

 

このまま遺言書作成希望者が増えていけば「争続」問題も減るのにな。

 

公正証書による遺言をするには証人が2人以上必要となります。(民969)

 

この証人には、相続人や受遺者及びその配偶者などはなれません。

 

簡単に言えば2人の他人にお願いすることになります。証人をしてくれる人がいなければ公証役場へ相談しましょう。有料ですが証人2人を準備してくれます。

 

(ホワット相続センターへ公正証書遺言の作成を依頼された場合は、証人2人もお引受けしますので問題ありません)

 

では、証人とはどんなことをするのでしょうか?

 

証人は、公証人が遺言者に読み聞かせている内容と遺言書に記載されている内容が一致しているか確認し、遺言書原本に署名・捺印(認印可)するだけです。

 

住所、生年月日も記載されますが、保証人のような責任は一切ありません。

※ただし、常識的に考えてダメなことをしてはいけません(例えば、遺言内容を他人に漏らすなど)。

 

証人は簡単ですが、自分の個人情報が他人の遺言書に残るのが嫌な人は引受けないほうがよいですね。

 

午後からは、安城市に本社がある電動工具で有名な㈱マキタさんにて相続対策セミナーの講師をしてきました。

葬儀社さんでのセミナーと違い「相続をされる側」の人が大半。

 

そういった理由からでしょうか、セミナー後の質問は鋭いものばかりで回答する私も楽しかったです。

 

このようなセミナー講師もお引受けしていますので、ご興味のある団体さんはお気軽に問合せ下さい。

 

ー終活勉強会のご案内ー

1回目)日時:6月24日(土)10時30~(約1時間)

    場所:豊橋総合福祉センター あいトピア2F会議室

2回目)日時:7月8日(土)10時30~(約1時間)

    場所:ミナクル南稜地区市民館 第2会議室

ー無料相談会のご案内ー

日時:6月23日(金)終了 、7月1日(土)※9時10時は終了11時~のみ・7日(金)・15日(土)終了 の9時~12時

場所:ホワット相続センター(ご予約優先です)

勉強会・相談会の申込⇒0120-708-882 又は i@whatsouzoku.com

終活勉強会(あいトピア)

2017年6月26日

 

24日(土)に開催した「終活勉強会」。

 

参加者のお悩みの大半は共通しています。

 

「一人だから頼める人がいない・・・」

 

「何からはじめればよいのか分からない・・・」

 

「一般的な話ではなく、自分の「終活」について個別具体的な話を聞きたい・・・」

 

セミナー形式でお話できることは限られます。

 

このような一般的な終活セミナー後の個別相談は、何を質問したらよいのかなど明確になるので大切です。(受講者の8割の人が個別相談を希望されました)

 

人それぞれ環境・考え方・身のまわり・歩んだ人生が違います。

 

何をどのように利用するのか、その人に合った方法をお伝えします。

 

私達でどこまお手伝いできるのかわかりませんが、何もしないよりはマシなはず!

 

お気軽にお問合せ下さい。

 

ー終活勉強会のご案内ー

1回目)日時:6月24日(土)10時30~(約1時間)

    場所:豊橋総合福祉センター あいトピア2F会議室

2回目)日時:7月8日(土)10時30~(約1時間)

    場所:ミナクル南稜地区市民館 第2会議室

ー無料相談会のご案内ー

日時:6月23日(金) 、7月1日(土)・7日(金)・15日(土) の9時~12時

場所:ホワット相続センター(ご予約優先です)

勉強会・相談会の申込⇒0120-708-882 又は i@whatsouzoku.com

9 / 10« 先頭...678910